俺得修学旅行 ネタバレ 31話:開廷!学園裁判(2)

【コミなび純稿】 俺得修学旅行 13話 ver1

 

 

大浴場のあちらこちらで・・・

 

「な、なんか・・」

「私達も変な気分に・・・」

 

勇太は相変わらず

生徒会のメンバーに

攻められている・・・・

にゅる・・にゅる・・

そのとき

「勇太!」

「誰・・・?」

そこにいたのは?

「わからない・・・?」

 

星女の誰かは・・知らないけれど・・

誰だ!?

 

俺の名を知ってるってコトは・・・

彼女は

・・フフッ

・・メイクしてないと、わかんないか

 

【コミなび純稿】俺得修学旅行13 ver2

 

 

生徒会のメンバーじゃ?

勇太は彼女のオッパイを優しく愛撫・・・

乳首を摘まんでみる・・・

・・ない?

 

彼女の顔が・・そこに・・

フ・・・・

涙ボクロ

 

 

「超ダイプ!」

「いつも妄想してた・・・」

「理想の彼女」そのもの・・・・

 

黒い長い髪・・・・

巨乳・・・・・・・

勇太・・興奮・・・

 

彼女は勇太の上に倒れこんだ・・・

彼女は・・

 

この・・・・

勇ましくて・・・

太いおチ●チ●ン、洗ってアゲる・・・

ちょっと、大人の洗い方で・・・ね❤」

 

【コミなび純稿】俺得修学旅行13 ver2

 

勇太「えっ・・大人の洗い方・・って

にゅるにゅる・・・にゅるにゅる・・・

彼女は勇太の上に・・・跨って

・・い・・っ

・・挿入(い)れちゃった

勇太「・・・・・ッ!

彼女「キ、キツかったですか!?

勇太「大丈・・夫

彼女「おっきくて。ちょっとビックリしたけど

彼女「ゆっくりこすれば・・・

・・「汚れはちゃんと落とせるから・・

勇太「き・・っ、気持ちイイ・・・

彼女「あっ、動かしたくなっちゃう・・

 

あっ・・ダメ・・あっ❤

勇太は体勢を変えた・・・

 

挿れたまま・・バックを取った・・・

 

彼女「イキナリ激しくしちゃ、ダメーー!!

・・「コ・・コラッ・・・・・

・・「洗うだけ、だって言って・・

 

勇太「すみません!腰が勝手に・・っ

 

彼女「ちょっと

・・「そんな、おっきいので・・・

・・「かきまわされたらっ

・・「あっ

・・「か、変わっちゃう

・・「は・・あ

 

勇太はいつもと違う感覚に・・・

 

勇太「な・・っ何が変わっちゃうんですか・

彼女「あっ、アソコの形、変わっちゃう

・・「勇太のじゃなきゃ・・ダメになっゃう

・・「かも・・・

 

勇太は攻め続ける

 

勇太「なってください!

あ゛・・!

あ゛っ❤・・ダメ・・

 

勇太は挿れながら・・・・

巨乳をモミモミ・・・

 

乳首に吸い付いた・・・・

彼女「そんなにいっぺんに・・・

・・「しちゃダメ・・だってェ~❤」

 

乳首にレロレロレ・・・が続く

あ゛・・あ゛っ

それから唇に・・・・

 

ちゅーーーーーー

くちゅ❤

 

正常位になって・・・・

腰を動かし続ける・・・

 

ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・

ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・

 

彼女「んはぁ

・・「こ、これ以上は・・

・・「やめてっ

・・「情が・・湧いちゃう・・からっ

 

ズチュ・ズチュ・ズチュ・ズチュ・・

ズチュ・ズチュ・ズチュ・ズチュ・・

 

勇太の眼が・・白目になっている・・

ギラッ

 

【コミなび純稿】 俺得修学旅行 13話 ver1

 

 

勇太「湧かせて・・やる・・

ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・

 

彼女「あ゛・・あ゛・・

・・「あああああああーーーーー

 

ズチュ・・ズチュ・・

あ゛・・・・あ゛、あ゛っ❤

 

 

彼女「い、いやっ、キスマークつけちゃ・・ダメ

 

吸い付くような・・・爆乳❤

ムギュ

 

勇太「お持ち帰り・・したいーーーー

ダ・・ダメェ~~

 

この娘を・・

修学旅行のおみやげに・・・

 

持ち帰りたいっ!

ずんっ!

 

彼女は正常位のまま・・・

下から・・腰を浮かせて・・・

のけぞった・・・

 

勇太「何をそんな・・

・・「のけぞってるんですか・・

 

あ゛あ゛っ❤

 

ぐぷっ・・ぐぷっ・・ぐぷっ・・ぐぷっ・・

彼女「イキそうなの!?

 

あ゛っ❤・・あ゛っ❤

ぐい

勇太が思いっきり挿れる・・・

 

びくっ・・びくっ

びゅ・・るるるるるるるるっ

ドップ❤・・

ドップ❤・・

ドップ❤・・

イクッ

ビクッッッ

 

はぁ・・はぁ・・はぁ・・

・・あれっ?

 

どこかで・・会ったっけ・・

泣きぼくろが・・・

ちょっと色っぽくて・・・

 

クス・・彼女が微かに微笑んだ

ザワ・・ザワ・・

 

大浴場のみんなが

おかしくなっている・・・

 

「変!、みんなどうしちゃった??」

「怖いよオボちゃん!」

 

保奈美は冷静に言った・・

「いけませんね・・」

「これは密室空間で・・・・」

「マイナスに働いてしまった・・」

「『集団心理』です!!!」

 

中等部時代

とあるグループの始めた

コックリさんアプリがきっかけで

教室にいた・・全員が

ヒステリー症状を・・・

起こしてしまった例と似ています・・

 

みんな!裁判中だっ!

「ムダです、こういう時には・・」

「正気は異端」

 

唯一、この場を・・

収められるのは・・・

すっくと立ち上がった

 

北条那由華

「静粛に・・・」

 

白い猫のお面の・・目が光る

 

・・などと

・・私に言う資格が、あるのか?

・・まさか、こんな

・・破廉恥な騒動になるなんて!!!

 

大浴場のそこらじゅうで・・

抱き合って

喘ぎ声がしている・・・

 

ガラッ

大浴場のガラス戸が開いた

那由華はビクッとした・・

そこに居たのは・・

 

夏目ルナ!!

 

「なにごとだよ・・コレ!?」

そして、そこに、もう一人・・・

 

無料お試し⇒画像をタップして下さい
▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【コミなび純稿】俺得修学旅行13 ver2